Heart Beat Football
2008年始まりにあたって、このブログも名称を新たにしたいと思います。 ブログ名はどうみても一昔前の三菱自動車のキャッチコピー「Heart Beat Morters」もパクリです。 本当にありがとうございました…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
対愛媛FC戦評
2日遅れての更新。
そういえば、もう第3クールに入ってるんですね。ちょっとビクーリしました。この日仙台は猛暑。山形も曇りのせいか、蒸し暑い中での観戦。
今日の入場者数は2800弱ってorz W杯が終わったから、もうサッカーはたくさんってか?終わりもくそも無いじゃないか。また4年後までずっと続いてるっていうのに。
本日のスタメン
GK 21 清水 健太
DF 16 臼井 幸平
DF 3 レオナルド
DF 4 小原 章吾
DF 13 内山 俊彦
MF 7 高橋 健二
MF 8 永井 篤志
MF 5 渡辺 匠
MF 28 財前 宣之
FW 14 林 晃平
FW 9 レアンドロ
えっと、ほんとにモンテディオは首位のレイソルを破ったチームなんですか?というくらい中盤でパス・ミス多発、フィードも制度が無い、プレスかけられっぱなし状態。今日は右SBが臼井ですけど、うまい具合に上がるタイミングを消されてる。これじゃ、大田でもy(ry
とりあえず、中盤でボールが収まらないのは、モンテディオの状態の悪さの指標ではないでしょうか。愛媛側からみれば、プレスが思い通りにかかるからやりたい放題。ただし、最後のフィニッシュが(ry でたすかってる。しかし、愛媛はプレスだけなら1級品ですね。ボールを持ったらすぐ2,3人で囲んでくる。これで、パス・ミス連発なら、いかに今期から参入の格下相手とはいえ、ゴールの匂いすらしなくてもむべなるかな。
モンテディオの状態が悪い指標その2、プレスがかけられない(相手のプレスに負けている)そして、押し込まれていく。そのうち決定的なチャンス→ゴールされる→意地で同点にしようとする→カウンターであぼーん。前半はこの悪循環に陥る寸前です。
モンテディオの状態が悪い指標その3、サイドからのクロスに誰も詰めやしない。いいクロス入れても、誰も詰めない為ボールが逆サイドへ。そこからカウンターであb(ry
後半も前半からの流れを引きずって、相変わらずボールがつながらないのは、多少改善されこそすれまだ本来のものとは程遠い。ミスター倒されてFKゲット。財前いいボール入れるも、ウッチーorz フリーのヘッドで外すなんてorz 蟹戦の時のように、枠に飛ばしてくれorz
後半24分林に替え、根本投入。春先の怪我で長いこと試合に出られないでいた根本がピッチに帰ってキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
徐々にサイドからえぐれる様になってきた。さしもの愛媛でも90分間基地外プレスはかけられないようですね。
後半30分ミスターに代わり佐々木投入。最近の攻撃オプションとして、後半佐々木IN→サイドから決定機を作る→最後にFWが決める。というパターンが出来上がりつつある。ただし、サイドからクロス→FWが疲れて詰め切れない(決められない)→こぼれ球からカウンt(ry な諸刃の剣ですけど、これ最強。でも、素人にはお勧めできない。
後半41分財前に代わりタマコンマンキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
それでも、最後のところで崩せないせいで、スコアレス・ドローかと誰もが思ったロス・タイム。根本がもらったファウルでPKゲットキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
レアンドロがPKを決め先制キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!
さらに喜んでいる隙に、根本が左サイドからクロスを入れ、またしてもレアンドロが流し込み2-0。ここまでじらされて、この結末とは。
もしかして今日のモンテディオは最近の流行を取り入れてのツンデレ・プレイですか?試合前「今日は暑くてかったるいから勝たない」試合後「別に勝ちたいわけじゃなかったんだ。でも、こんなグダグダな試合じゃサポが怒るから仕方なしに勝ったんだよ」という具合に。いずれにせよ、勝ちが拾えましたから結果オーライといったところですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。