Heart Beat Football
2008年始まりにあたって、このブログも名称を新たにしたいと思います。 ブログ名はどうみても一昔前の三菱自動車のキャッチコピー「Heart Beat Morters」もパクリです。 本当にありがとうございました…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こういうのって、人間の癖なんですかね?
川淵キャプテンが24日に現在ジェフ千葉のオシム監督を時期代表監督にと交渉していたことを「うっかり」マスコミにもらしてしまいました。
キャプテンさん、オシム監督交渉とのが纏まったので嬉しいのか知らないけど、簡単にこういう情報を漏らすのは、一組織の長としてどうよ?
というか、日本って変な所はひたすらに隠すくせに、大っぴらにする所は大っぴらなんですね。
あれだ、報じる側としてはよくマスコミが閣僚がオフレコで言ったことの隻言隻句をあげつらうあれと一緒のメンタリティですね。そんなものに引っかかるような人が一組織の長でいられるから危機意識が無いと言われるのにね。
事実、ジェフ千葉側から「チームの士気に影響するから」という理由で遺憾の意が示されてますけどね。アルトゥーロ・アントヌス・コインブラ(俗称ジーコ)も試合前にスタメンやフォーメーションを暴露していましたけど、あれは無策の策ではなかったんですね。ほんとの無策だったんですね。W杯で今更ながら知りました。
それはともかく、川渕さんは何故あのような軽率な行為に出たのでしょうかね?オシム監督ならいつも取材陣を煙に巻く発言で有名(というかユーモアのセンスの違いでマスコミが理解できないだけなんでしょうけど)ですが、あのような身内となるべき人が軽率な守秘義務を怠った発言をした川渕さんと対等にパートナー・シップを築けるのか、心配です。というか、この一件でオシム監督が君主危うきに近寄らずを決め込んだり、日本のマスコミやサッカー協会に不信感を抱かないといいんですけどね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。