Heart Beat Football
2008年始まりにあたって、このブログも名称を新たにしたいと思います。 ブログ名はどうみても一昔前の三菱自動車のキャッチコピー「Heart Beat Morters」もパクリです。 本当にありがとうございました…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
対横浜FC戦評
またしてもべスパに参上。
仙台は昨日夜から雨だったので、どうなるかと思いましたが、若干肌寒いくらいで、とりあえずなんとかなりました。
今日は平日の、しかもW杯直前だというのに結構お客が入っています。
こんな世の中猫も杓子もW杯一色の中ということを考えれば、大入りですね。
本日のスタメン
GK 21 清水 健太
DF 16 臼井 幸平
DF 3 レオナルド
DF 4 小原 章吾
DF 17 木村 誠
MF 6 佐々木 勇人
MF 5 渡辺 匠
MF 10 本橋 卓巳
MF 28 財前 宣之
FW 14 林 晃平
FW 9 レアンドロ
何気に風が吹いていたりする。
開始早々、MF佐々木が相手左サイド奥まで抉ってクロスも、GKがキャッチ。
毎回、すぐに先制攻撃ができてる。いい傾向ですね。
10分、右サイドからFKゲット。MF財前のFKに、DF小原がドのつくフリー程のでヘッドで合わせて先制。キタ━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━!!!
いきなり先制点ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ
横浜FCはここまでたった1敗。その要として守備が挙げられるが、前半は積極的にプレスをかけるわけでもなく、DFラインもそろっている、典型的な引き篭もりサッカーが。おかげで、モンテディオはどんどんボールを回していける。勿論、その先は簡単にはやらせないのが横浜FC。なんどもゴール前に迫りながら、徹底してFWをマークしてくる。逆に前がかりになったところで落とし穴が待っていることがある。時折不用意に与えたファウルからのセット・プレーがたまにヒヤヒヤする。ただし、カズのFKの精度がウンコなため、前半は脅威ではなかった。それにしても、今日の主審はアフォですか?ファウルを流すわ、リスタートをキチンとやらせないで、流してばっか。時間が経つ毎に試合にまとまりがなくなっていく。
とりあえず、1-0でリードして前半は終了。
後半から横浜FCはアウグスト投入。
時間が経つに連れてモンテディオの守備もグダグダになっていく。キチンとセカンド・ボール拾えないわ、相手からのカットをパス・ミスするわ、なんか昔に戻ってません?そんなことしているうちに、アウグストに再度からスルスルと中央まで持っていかれて、そのままミドルをズドーン。1-1の同点にorz だからいわんこっちゃない。・゚・(ノд`)・゚・。
後半16分。MF本橋に換わりタマコンマン秋葉キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
タマコンマンならきっと何かやらかしてくれる。
といいたいけど、前半からなんどもFWが仕掛けても、崩せなかった横浜FCのDFラインも後半のアウグストの同点弾のあたりからに、引きこもりじゃなくて、ガシガシプレスをかけてくるようになった。もしかして、これが横浜FCの怖さ?((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル
後半28分。キング・カズがそのままドリブルで持ち込みシュート。逆されてしまいますたorz
マーク外すなよ。混乱しすぎだわ(#゚Д゚)ゴルァ!!
それ以上にF.U.C.Kなのは審判。タッチ・ラインを割ったボールの判断悪すぎ。明らかに山形ボールを(逆のケースもあったけど)間違え過ぎ。そして明らかに削り目的のタックルや、後ろからのチャージを流しすぎ。
後半33分MF渡辺に換わり、FW阿部投入。ということは、タマコンマンがボランチ一枚?(((( ;゚д゚)))アワワワワ
いくらなんでもタマコンマン一人ボランチって、ある意味特攻ですねorz
後半39分。DF木村に代えて木藤投入。これが今季初出場?ロス・タイムは5分。モンテディオはどんどんロング・ボールを入れてくるが、ことごとく跳ね返していく。そしてどんどん焦っていく。同点にされたあたりから、どんどん落ち着きがなくなった。頼みのレアンドロも上手いこと突破していくもフィニッシュが決まらないまま試合糸冬了。
久しぶりに、グダグダな試合でした。途中から誰かが試合を落ち着かせなくてはいけないのに、どんどん試合が混沌としていく。そういう意味で今日は、11対15で戦っていたような感じがする。無論、相手は横浜FCの11人+審判4人のことだ。審判がせっかくスリリングな駆け引きが肝になるはずだった試合を、単なるロシアン・ルーレットに変えてしまった。勿論、モンテディオはそのロシアン・ルーレットに負けたのだ。
横浜FCに負けてないといったら嘘になるが、今日はあまりにも不透明で不確定な要素が多すぎた為に負けたといってもむべなるかな、という感じはする。
でも、久しぶりにファックな試合でしたね。気持ちいいくらいにFxUxCxKな気分になりましたよ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
横浜FCはうの字を右SHに上げて以来好調を維持するモンテディオ山形とアウェイで戦い前半先制されたものの後半2点を挙げて逆転勝ち、2位に再浮上し、1位柏との勝ち点3を3に縮めています。 山形 1(1-0)2 横浜FC 19:04キックオフ 山形県総合運動公園陸上競技場 入場者数:4,5
2006/06/08(木) 21:28:04 | ウタカタ ノ ヒビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。