Heart Beat Football
2008年始まりにあたって、このブログも名称を新たにしたいと思います。 ブログ名はどうみても一昔前の三菱自動車のキャッチコピー「Heart Beat Morters」もパクリです。 本当にありがとうございました…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
対ヴィッセル神戸戦評(もどき)part1
雨の中での試合でした。今日のモンテディオはシステムを変更してきました。レアンドロを1トップに、財前をトップ下に据えた4ー5ー1で臨みました。
前半モンテディオのパスはよく通って、神戸はついていけずにチンチンにされていました。事実、前半で神戸DF坪内が財前に対する執拗な後ろからのチャージでイエローカード2枚で退場。
但、チンチンにしただけで、フィニッシュが(ry な為無得点。「ゴールの臭いがする」だけで、実がならないorz
後半開始から神戸はDF小林投入。神戸は数的不利からかDFラインを引き気味にシフト(ドン引きじゃないけど)逆に有利になったモンテディオは高林から右サイドの佐々木につなぎ、佐々木がクロスを上げても誰も合わせないorz レアンドロに代えてFW氏原投入。ここら辺モンテディオはロングパスを放り込むプレーが多くなるが、ボールは綺麗に神戸のDF小林が跳ね返していました。モンテディオはFW阿部投入し通常の4ー4ー2にシフト。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。