Heart Beat Football
2008年始まりにあたって、このブログも名称を新たにしたいと思います。 ブログ名はどうみても一昔前の三菱自動車のキャッチコピー「Heart Beat Morters」もパクリです。 本当にありがとうございました…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週までがウソのよう
勝てない今シーズン、

すでに降格を覚悟した人もいらっしゃるようで

いくらカラ元気を装ってみても

こうも連敗は続くとお客さんも減りますよねー(´・ω・`)
ですよねー(´・ω・`)

本日のスタメン
GK16 植草 裕樹
DF14 宮本 卓也
DF4  西河 翔吾
DF3  石井 秀典
DF2  小林 亮
MF17 佐藤 健太郎
MF28 太田 徹郎
MF8  船山 祐二
MF29 廣瀬 智靖
MF24 伊東 俊
FW18 大久保 哲哉
要点のみ

1.先週までの攻撃の消極さがウソのよう
両サイドがゴリゴリ突破を図っていく(´・ω・`)
どうもPK3本が出た清水戦から意図してどんどん攻撃的になっていったようです。
じゃなきゃ、山形がPKをもらえるわけがありません

2.サイドだけかというと、中盤陣が必死にプレスをかける姿は、去年の連勝して調子が良かった頃の良さが戻ってきたようです。
特に、健太郎。

最近はゲームキャプテンを努めるようになってからというのも、攻守において要ともいうべき存在に成長しました。

とはいえ、13番さんがいぬ間になんとやらでないことを願います

3.もちろん、得点を決めた選手は大いに称賛されてしかるべきでしょう。

ポストプレイ下手くそといわれ続けていた大久保ジャンボ哲哉。
しかし、今日のシュートはハイボールを反転してのシュート。
完全なるファイン・ゴール

4.もちろん、追加点の依田さんじゃなくて伊東君のドリブルで相手選手を抜き去り、逆サイドのゴールネットに流し込む、これまたファイン・ゴール
この時だけ伊東君にメッシが憑依していたといっても、俺は信じる(´・ω・`)

5.そして、久々の無失点。
神戸もさんざん都倉めがけてCBの裏へと放り込んでくるサッカーでしたが、よく都倉を抑え、よくカバーし合って抑え込んだと思います。
危なっかしいクリアもなく、おおむね課題となっていたクリア・ボールの処理が修正されていたと思います。

2か月ぶりの勝利

こういう時だからこそスタジアムに行かなくては

THE GIANT KILLING SEASON HAS JUST COME
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。