Heart Beat Football
2008年始まりにあたって、このブログも名称を新たにしたいと思います。 ブログ名はどうみても一昔前の三菱自動車のキャッチコピー「Heart Beat Morters」もパクリです。 本当にありがとうございました…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エクスカリバーとエクスカリパー
震災で中断していたリーグ戦も再開。
次の日は新潟戦という金曜日にあの震災が起きた。
仙台からホーム開幕戦ということで駆け付けた友人とも再会できて一安心。
まあ、その友人氏は大学のスケジュールが圧していて夏休みがほぼ完全に消えたとのこと。
これが二次被害というやつか…(´・ω・`)

本日のスタメン
GK16 植草 裕樹
DF14 宮本 卓也
DF32 前田 和哉
DF3  石井 秀典
DF2  小林 亮
MF17 佐藤 健太郎
MF19 秋葉 勝
MF8  船山 祐二
FW11 北村 知隆
FW7  宮沢 克行
FW18 大久保 哲哉
要点のみ

1.まぁ…その…なんというか…
先週のTMに比べたらまマシなんじゃないですか?
ある人が言った「(ブラウブリッツ)秋田はJ2時代の山形における岐阜のようなもの」
JFLからの昇格組だった岐阜にボコボコにされて08年の山形は目覚めた感があったから、秋田にボコボコにされて我に返ったといったところでしょうか。

2.しかし、パス・ミスのオンパレードすなぁ…(´・ω・`)
全員が前に急ぎすぎたり、安易にパスをしたりと、なんとも落ち着きのない試合展開だったこと…

3.中盤でパス繋げないならポゼッションなんて無理だよね(´・ω・`)
その挙句DFからの縦ポンサッカーとは…
いくら縦ポンが戦略上のオプションとしてアリだとはいえ、ここまで苦し紛れになるとオプションですら

4.前ちゃんの安定感は異常。
とはいえ、これだけポロポロ中盤がボールこぼしていたのにもかかわらず無失点だったのは、ACL組のお慈悲か?
0-4くらいは覚悟していたけど…(´・ω・`)

5.大久保のガッツあふれるプレイには感心するものの、いかんせん大久保がキープしたボールをどうするのか?がイマイチわからなく、結果的には孤立する場面が散見できました(昨季の長谷川でも田代でもそうだったけど)
山形というのはこれだけCFに優しくないサッカーだっけ?(´・ω・`)
昔は黙っていてもサイドからクロスがじゃんじゃん放り込まれ、セカンドボールがよく拾えるるサッカーだった気がするけど…

エクスカリバーの如き攻撃力のセレッソを0で抑えられたのは良かったとは思います。

単に今日のセレッソはエクスカリパーを装備したギルガメッシュだっただけかもしれないけど…(´・ω・`)
f0042382_22345434.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。