Heart Beat Football
2008年始まりにあたって、このブログも名称を新たにしたいと思います。 ブログ名はどうみても一昔前の三菱自動車のキャッチコピー「Heart Beat Morters」もパクリです。 本当にありがとうございました…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
余裕ぶっこいている暇はない
特になにも前フリはないけど、とりあえず告知
20101115084233.jpg
本日のスタメン
GK1  清水 健太
DF2  小林 亮
DF32 前田 和哉
DF3  石井 秀典
DF13 石川 竜也
MF17 佐藤 健太郎
MF5  下村 東美
MF8  増田 誓志
FW11 北村 知隆
FW7  宮沢 克行
FW15 長谷川 悠
要点のみ

1.桜のカウンターはえぇえ(´・ω・`)
ボールを奪って約3タッチでFWが前を向いてシュートを撃つ態勢までもっていく速さは異常。
かとおもえば、家長が中盤でタメを作りながらサイドからセンターへと切れ込んでいく攻撃もみせたりと、
さすが攻めダルマ(のザル守備)なセレッソだ(´・ω・`)

2.今年は堅くなったとはいえ、山形の先制点のようななんでもないボールを掻っ攫われて失点するのもまたご愛嬌。良いDFだけを揃えただけでは堅守にはならんのだよ(´・ω・`)

3.とはいえ、山形も去年のように勝ち逃げが出来なくなりつつあります。
ロス・タイムに2失点していてはねぇ(´・ω・`)
セレッソ相手に無駄に撃ちあいをしてはいけないというべきか…

4.遅ればせながら、長谷川の今季初ゴールが見られました。
これまで何度決定機を外していたことか(´Д⊂
よく見るとハンドっぽいく見えなくもないが、これは後半ロス・タイムのアドリアーノの同じようなハンドっぽいのと相殺なのは秘密か…

5.セレッソが攻める時間帯を上手くしのげたと思っていただけに、後半の立て続けの失点は痛いです(´・ω・`)
来季も残留するなら、このような試合でも勝ち切れるだけの、更なるディフェンスの充実が必要だと思います。
J2からJ1下位レベルの堅守からもっと上へ。

去年と同様、まだ勝ち点としては安心はできない位置です。
30節で湘南と京都の降格が決まりましたが、残り1枠は予想GUYに混戦となりそうです。
今後の風向き次第では、予断を許さない状況です。
次節は相性の良い磐田。
次のホームは京都戦。
これからが、去年の上積みがあるか否かが問われてくるでしょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。