Heart Beat Football
2008年始まりにあたって、このブログも名称を新たにしたいと思います。 ブログ名はどうみても一昔前の三菱自動車のキャッチコピー「Heart Beat Morters」もパクリです。 本当にありがとうございました…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まるでここ1週間の記憶がございません
秋を迎えて、残留争いが熾烈になる頃です。
そういえば、1週間前に試合ってありましたっけ?
もうすでに記憶にございません©小佐野賢治ですがなにか?
どっちみち、上位を引き分けに持ち込み下位を叩く。
これ意外に弱小の生き残る道はありません。

本日のスタメン
GK1  清水 健太
DF2  小林 亮
DF22 園田 拓也
DF4  西河 翔吾
DF13 石川 竜也
MF5  下村 東美
MF17 佐藤 健太郎
MF8  増田 誓志
FW 7  宮沢 克行
FW11 北村 知隆
FW10 田代 有三
要点のみ
1.まるで成長していない(AAry
それどころか、仙台戦よりも酷いサッカーになっている…(´・ω・`)
DFからのパスミスでまともなビルドアップもできないとは…(´・ω・`)

2.湘南相手にここまで自由にさせてしまうというのは、フォーメーションの問題もさることながら、あまりに勝ちに逸っているように思え、しっかり守備から入るという、いつもの山形らしさが失われているように思われます。

3.フォーメーションとしては、DFとFWの間で距離が開きすぎ、中盤がどっちにウェイトを置くべきか迷っているのがよくわかる並びになっています。俗にいう「分断サッカー」になっているので、攻撃に遅く、守備にも遅いという中途半端さが目立ちます。それが解消されたのが、後半に4-4-2に変更したことというのは何とも皮肉ではありますが(´・ω・`)

4.とはいえ、全くのチャンスがなかったわけでは勿論ありませんが、しかしサイドからえぐっておきながら、最後は何のヒネリもないクロスでは、GKにキャッチされるのがオチです。湘南のGK野澤は、ああみえてもクロスへの対処はかなりのレベルをもっています。ああ見えても、野澤は良いGKなんですよ!!><;その野澤相手に同じようなタイミング、角度からクロスを入れるというのは、攻撃の勢いを大いに殺いでいると言わざるを得ません。

5.4-4-2に戻してからというのも、ボールが回るようになり攻撃に連動性が出てきましたが、これも皮肉にもサイド攻撃を活性させたのがサイドのスペシャリスト宮崎というのも、なにか4-3-3の現時点での限界を示しているような気がしてなりません。

是が非でも勝ち点3を取りたかった相手に引き分け。
得点出来たら良いものの、後続との差は縮まるばかり。
ちょっと結果にこだわってもいい時期になったのではないでしょうか?
20100925175931.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
コメントありがとうございました

湘南相手に引分は痛いですね・・・
野澤選手は背は高くないですけど
反応は非常に良くて、
新潟時代もPKをかなりの数止めていました

新潟は現在大失速中・・・
前半の貯金が無かったらと思うと
怖くて眠れないところでしょうね^^;

来月は1つでも多く勝てるように
お互い頑張っていきましょう!!
2010/09/27(月) 06:10:06 | URL | suguru999 #-[ 編集]
コメント
ありがとうございます(´・ω・`)

山形も、多少調子を落としても勝ち点を拾えるほどチームが成熟していない証拠なんですね(´・ω・`)
もうちょっと粘れる強さがあれば、とつくづく思います(´・ω・`)
2010/10/03(日) 16:35:36 | URL | HeartBeat #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。