Heart Beat Football
2008年始まりにあたって、このブログも名称を新たにしたいと思います。 ブログ名はどうみても一昔前の三菱自動車のキャッチコピー「Heart Beat Morters」もパクリです。 本当にありがとうございました…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たまには神様も洗濯
201008081548000.jpg

世間はお盆を控えて、夏祭りだので忙しい中、静岡から勝ち点3の行商人
磐田様を迎えての1戦。
しかも、ナビスコで完封されたGK八田ではなく、去年2試合で合計9点を挙げた川口を先発させるという大胆な作戦。
ヤンツー、自分で死亡フラグ立てやがって…(´・ω・`)
本日のスタメン
GK1  清水 健太
DF14 宮本 卓也
DF22 園田 拓也
DF32 前田 和哉(notおっぱっぴー)
DF13 石川 竜也
MF19 秋葉 勝
MF17 佐藤 健太郎
MF8  増田 誓志
FW 7  宮沢 克行
FW11 北村 知隆
FW15 長谷川 悠
要点のみ

1.前半と後半ではまるで違うチームなのが山形の一貫したスタイルです。
磐田は左サイドのパク・チュホを中心に積極的に仕掛けていき、山形は防ぎつつカウンターの機会をうかがうといういつものパターンです。
といいたいところですが、ならば奪ったら前線へ素早くフィード、奪ったら素早く前線へフィードの繰り返しでもよい気がしなくもありませんが
2.後半からが山形の本番です。
後半になってからの磐田の動きの鈍いこと
だから盆地の暑さをナメるなってあれほど…(´・ω・`)
前半攻めすぎた磐田に比べて、中盤でボールが奪えるようになって、押し込めるようになった時間帯に得点出来れば、文字通り山形の必勝パターンといえます。

3.今試合の得点シーンも、見事いうほかないゴール・シーンでした。
なんというスペクタクル・サッカー©アーセン・ヴェンゲルなサッカーでしょうか。
まあ、ここしか見せ場らしい見せ場はありませんでしたがね(´・ω・`)
89分のつまらない「アンチ・フットボール」と1分だけの「スペクタクル・サッカー」
この両極端さが山形の「味」なのです。

4.そのスペクタクルなサッカーに欠かせないのが、増田です。
得点シーンでも、宮沢へのパスを出す前の「タメ」の作り方は秀逸です。

4-4-2の頃には、
ボールを欲しそうにウロウロしているだけだったのに
いまでは全ての攻撃の起点になるまでになるとは(´Д⊂

5.とはいえ、気がかりなのはドルジ長谷川。
明らかに焦っているな(´・ω・`)
今年はずっと怪我にスタメン落ちにと苦しんでいるようですが、もちろん去年「あの」サッカーの中で10得点した能力は衰えているとは思えません。
1得点ですっかり変わってしますこともあるように、これから後半戦も引き続き貴重な戦力になることでしょう。

17節終了時点で去年を上回る勝ち点22ということで、ここまで着実にきているというべきでしょう。
ただし、去年は後半戦はgdgdな出来になり、ギリギリでの残留となりましたが、今年はもっと余裕のある残留といきたいところです。
最終節の鹿島戦に残留がかかった試合なんて怖くてできません!!><;
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
コメントありがとうございました

前半戦が終了して
勝ち点21ならまずまず
というところですよね^^

仙台、湘南、京都が
非常に苦しい戦いを
しているのを見ていると
勝ち点を稼げるときに
どんどん稼いで
早く残留を決めたいですね^^

新潟はそこそこ調子が良いですが
例年これぐらいから大失速
するのが恒例行事
のようになっているので
後半戦も勝ち点を重ねて
早めに残留できるように
頑張りたいと思います!!
2010/08/09(月) 05:57:51 | URL | suguru999 #-[ 編集]
すぐるさん
予想外の健闘にサポとしても驚きを隠せません(´・ω・`)
2年目のジンクスということもありますし、シーズン前はおっかなびっくりでした。
今年は選手全員が自信をもってプレーしているように感じますから、このままの調子が維持出来たらいいなと思っております(`・ω・´)
2010/08/14(土) 15:05:08 | URL | HeartBeat #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。