Heart Beat Football
2008年始まりにあたって、このブログも名称を新たにしたいと思います。 ブログ名はどうみても一昔前の三菱自動車のキャッチコピー「Heart Beat Morters」もパクリです。 本当にありがとうございました…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たった3週間試合を見ていないのに、それ以上に永らく見ていなかったように感じるふ・し・ぎ
今日は知り合いが誰もいなかったので、爆心地近くの某本部様に居候させていただきました。
20100605175336.jpg
感謝(-人-)<某本部様

本日のスタメン
GK20 植草 裕樹
DF14 宮本 卓也
DF3  石井 秀典
DF4  西河 翔吾
DF26 山田 拓巳
MF11 北村 知隆
MF19 秋葉 勝
MF17 佐藤 健太郎
MF7  宮沢 克行
MF8  増田 誓志
FW10 田代 有三
要点のみ

1.久しぶりに理想的な勝利でした。
得点した時間帯も含めて、試合運びに一喜一憂せずに見ることができたのは、J2以来ではないでしょうか?
相手がJ2時代さんざん試合をした湘南であっても、J1で対戦する今はお互い残留のためにナビスコ杯とはいえ気が抜けない試合。
その湘南相手に快勝出来たのは連敗でリーグ戦の中断期間に入った山形にとっては朗報です。

2.湘南のプレスが緩いせいか、両サイドをワイドに使った山形ならではの攻撃が堪能できた試合でした。
スタメンの山田もよく走り、好機を演出していました。
シンプルなサイドでの繋ぎと、落ち着いたセンターラインからの配球、山形にとっての攻撃の両輪がこれほどまでに噛み合うというのはJ1昇格以来あったでしょうか?

3.一方気になるのは、湘南の守備陣。
これだけサイドを易々と突破され、クロスを上られ放題というのは、試合相手のサポとしても心配です。
あれ?去年もんだスタでこんな光景を見た気がしますが…(´・ω・`)
そういえば、山形も怪我人続出で昨年の5月6月はgdgdだったような気がします。
それなんてデジャ・ヴュ?

4.増田覚醒?
これほどまでに活き活きとプレーする増田というのも珍しいです。
いつもはあれこれ迷いながらプレーしている感のある増田ですが、高い位置からプレスをかけ、ドリブルで仕掛け、再三チャンスを演出していた姿と、
いつもセンターハーフ付近で首をかしげながらプレーしている姿が同一人物だとは思えないほど見違えていました。

5.山形側で気になるといえば、長谷川のプレーっぷりにはいまいち積極性に欠けているように思えます。
サイドに流れながらカットインするプレーは幾度となく見られましたが、ゴール前で決定的な仕事をするシーンは、この試合ついぞありませんでした。
きちんとフォローしてくれるFWがいないと長谷川は真価を発揮しないのかもしれません。
田代のようにポストプレーからシュートまで一連の流れを単独でこなせるのと、長谷川のようにFWとの絡みやフォローがあってこそという違いがあり、
単純にFWを2枚や3枚並べただけでは攻撃の形にはならない。そんな典型のような攻撃の沈滞っぷりでした。

ナビスコ杯とはいえ、中断期間明けにはいきなりのダービーです。
それまでにリーグ戦で連敗した問題点を修正しなくてはなりません。
予選突破もそうですが、W杯期間はリーグ戦明けまでのモチベーション維持に有意義にしたいところです。
チームにとってもサポにとっても。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。