Heart Beat Football
2008年始まりにあたって、このブログも名称を新たにしたいと思います。 ブログ名はどうみても一昔前の三菱自動車のキャッチコピー「Heart Beat Morters」もパクリです。 本当にありがとうございました…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去年に続けてホーム開幕戦は赤かった件
いよいよホーム開幕戦。
先週末は清水くんだりまで行ってフルボッコに負けた訳ですが、気を取り直して日曜日は日曜日で明治神宮に観光に行ったら、なんか人が沢山でなにかと思えば、某占い芸人がTVでガチ推ししていたパワースポット「清正井」に並んでいるではありませんか。しかし、最後尾のおじさん曰く「3時間待ち」だそうです(´・ω・`)ショボーン
3時間も並ぶなんてそんな習慣のない田舎者には酷なことです
とはいえ、そのあと明治神宮を案内してくれた友人にちゃんと別な日に撮った写メをもらいましたけどね(`・ω・´)シャキーン
201002271345000.jpg
そこまではよかったのですが、夕方帰路に就くべく東京駅に。
すると、日曜日とはいえ何やら慌ただしい様子。
駅員さん曰く「東北地方で地震発生。東北新幹線と山形新幹線は運転見合わせ」
そのおかげで、はやてで仙台まで行き仙山線で山形へ。途中運よく兄貴にかち合い、便乗させてもらい、命からがら自宅へと。

なんというついてない週末なんだ…(´Д⊂
本日のスタメン
GK1  清水 健太
DF2  宮本 卓也
DF4  西河 翔吾
DF3  石井 秀典
DF13 石川 竜也
MF11 北村 知隆
MF19 秋葉 勝
MF17 佐藤 健太郎
MF 7  宮沢 克行
FW 9  古橋 達弥
FW10 田代 有三
1.本当に山形ってシンプルですね。
悪い意味で
田代へ当てる→古橋がこぼれ球を拾う。
これしかありませんがなにか?
当然のごとくCB2人で田代について、ボランチと挟めば怖くない。
いみじくも、浦和戦はそんな根本的な問題を露呈したというべきでしょうか(´・ω・`)

2.前半戦は浦和の中盤と前線が連動している動きに翻弄される場面が多かったですね。
とくにエジミウソンとウ○コ王子こと柏木が。
それが後半になるとぱったり、単純なドリブル突破やみえみえのワンツーだけで、前半と後半でこれほど(悪い意味で)変わってしまうチームというのも珍しい。

3.すっかりキタムーがJ1プレーヤーらしくなっていた件。
サイドからドリブル仕掛けて突破していく姿は感慨深いものがあります。
横浜FCを解雇された選手とは思えないほどのパフォーマンスだ。
廣瀬とビョンスクがいない右サイドでもキタムーならやってくれそうな選手になったもんだ(´・ω・`)

4.増田はどこだ?
新戦力として期待される増田ですが、交代してもピッチ中央でウロウロしながらボールを欲しそうにしているのが増田。ボールが欲しいのは山々だろうけど、まずは守備をしる(´・ω・`)
まるで往年の馬場悠太をみているかのようだった。
焼き肉食いに東京には戻らんけど。

5.さて、失点がまたしてもセットプレー崩れな件。
人につくのか、スペースを埋めるのか、未だにはっきりしないのですが、清水戦での2失点目も含めて、セットプレーが行われた逆サイドからどフリーでクロスを上げられるというのも考えものです。
明らかに狙ってやられているのがみえみえです。
今年は「なにはともあれ守備は堅い」とはいえない試合が多くなるでしょうね。
あとは残るは失点覚悟で得点を増やすしかないでしょう。

そんな山形にやってきたキム・クナン。
往年の大島秀夫をみるような下手くそな選手ですが、デカイ、速い、強いの三拍子そろったある意味、「山形にいなかったタイプ」です。
終了間際にGKの正面をつくヘッドがありましたが、あの体格を生かしたプレーはたしかにマリノスでFWとして使われたのも頷けます。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。