Heart Beat Football
2008年始まりにあたって、このブログも名称を新たにしたいと思います。 ブログ名はどうみても一昔前の三菱自動車のキャッチコピー「Heart Beat Morters」もパクリです。 本当にありがとうございました…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くれぐれも来季は塩分控えめに
2日遅れの試合の話なんて誰も読んどらんだろうなぁ…(´・ω・`)

しかも相手はJ2時代からしょっぱい試合を繰り広げていたことで有名な大宮だもんなぁ(´・ω・`)

本日のスタメン
GK1  清水 健太
DF14 宮本 卓也
DF34 西河 翔吾
DF23 石井 秀典
DF13 石川 竜也
MF6  宮崎 光平
MF19 秋葉 勝
MF17 佐藤 健太郎
MF7  宮沢 克行
FW9  古橋 達弥
FW15 長谷川 悠
要点のみ

1.モンテユーザーの方からこのような質問を頂戴しております。

Q.モンテディオはシュート数が少ないんですが?
A.仕様です。そのまま応援してください。
Q.サイドアタックばかりで、センターアタックが乏しいですが?
A.仕様です。そのまま応援してください。
Q.GKのキックの精度が低いようですが?
A.仕様です。そのまま応援してください。
Q.19番の選手はパスミスが多いようですが?
A.仕様です。そのまま応援してください。

2.大宮は守備だけならJリーグトップクラスのチーム。
去年は、山形の守備組織をガタガタにした某監督でもそこそこの守備の安定度を誇っていたくらいですから。
ところで、その大宮の守備組織の土台を作ったのは、あの三浦俊也ですが、驚くべきことそれ以来監督が替われども守備だけは変わらない山形におけるサイドアタック一辺倒のようなもはやお家芸と化しています。
よくいうではありませんか

石の上にも三年、と

3.その大宮ですが、守備に於いてはハイボールにはCBが競りこぼれ球をボランチとSBでカバー。
サイドでは、SBとボランチでマンツーマンとCBのカバーというようにシンプルかつ山形の攻撃パターンに即したディフェンスで殆ど攻撃のチャンスがありませんでした。

なんという教科書通りなゾーンディフェンス


4.宮本の安定感がハンパない件

不用意に飛び込まずにボールを絡め捕るプレーはさすがというべきか。
この域にはまだまだ山田君は程遠いようで。とりあえず、縦に進入するのをブロックするか、カットインをさせないように中に絞るかの判断を的確かつ迅速に。話はそれからだ。

5.今季、そして来季に向けて要らないパスミスを減らすのもまた課題の一つになると思います。
安直なパスコースを狙うだけではなく、「通れば大チャンス」なパスを生むことも含めて、マンネリ打破するためにもまずは単純なパスミスの撲滅を。

ストレスフルな試合でした。
しかしながら、まだ優勢なのは山形です。
他の残留争いのチームに比べれば、勝ち点38の山形の優位は変わりありません。
早く残留を決めたいという気持ちは誰でも同じでしょう。
やきもきする気持ちもありますが、そういう時こそ焦らずにいきたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
コメントありがとうございました

すみません・・・アシストできませんでした・・・
新潟は前半からの再三チャンスを作るも
最後の最後で決めることが出来ず柏に先制され、
その直後にマルシオが交代すると言う悪循環
そのまま0対1で逃げ切られてしまいました・・・

やはり目標のあるチームと
目標がなくなってしまうチームとでは
モチベーションが違いましたね・・・

山形は次節しっかり勝利して
J1残留を決めて欲しいと思います^^
(新潟は優勝のために負けられない川崎との対戦。
川崎ホームの等々力では大敗することが多いので
勝つのは難しいでしょうね^^;)
2009/11/23(月) 16:18:26 | URL | suguru999 #-[ 編集]
すぐるさん
お陰さまでなんだかんだで残留できました(´・ω・`)
まさか残留できるとは思ってもいませんでしたが、意外となんとかなるもんですね(´・ω・`)

来年は今年以上に厳しい戦いになりそうですが、今年1年残留できたことは大きな在残になります(`・ω・´)
2009/12/01(火) 18:28:04 | URL | HeartBeat #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。