Heart Beat Football
2008年始まりにあたって、このブログも名称を新たにしたいと思います。 ブログ名はどうみても一昔前の三菱自動車のキャッチコピー「Heart Beat Morters」もパクリです。 本当にありがとうございました…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10年ぶり
前半戦のハイライトのレッズ戦がやってまいりました。
どうせ、2日遅れの観戦日記のうpなんてだれも見ていないだろうけど。
しかし

20090704.jpg


さすが、ACL観に飛行機をチャーターしたチームだ

みごとにホームジャックされましたね。


本日のスタメン
GK1 清水 健太
DF14 宮本 卓也
DF3  レオナルド
DF4  小原 章吾
DF13 石川 竜也
MF19 秋葉 勝
MF5  渡辺 匠
MF29 廣瀬 智靖
MF7  宮沢 克行
FW9  古橋 達弥
FW15 長谷川 悠
1.なにかが足りない。単純に技術や戦力の差だけに還元できない、なにかが足りません。
勝利への執念などというと大げさな気もしますが、現に2得点できているように、決して悲観する必要はない程度の試合内容ではなかったでしょうか?同じことはレッズをはじめ、J1で生き残っているチームは等しく経験していることでしょう。そういう意味では、はじめてのJ1で、いまだかつて経験したことのない深みにはまっているのかも知れません。

2.J1とJ2での違いというのは、当たりの強さにも表れています。山形の選手がコロコロ転げるのに対して、浦和の選手は倒れそうになっても多くの場面で踏ん張ります。あたりの強さで終始勝っていたのは、レオナルドと廣瀬と古橋くらいではないでしょうか?2失点目の高原のゴールも、完全に小原が競り負けていました。逆にいえば、J1だからフィジカルがものをいうのではなく、J2では無駄な削り合いが横行していたともいえます。こういう問題を棚上げにしておきながら「ハードワーク」を選手に要求するのは明らかな死亡フラグです。現に今日も廣瀬と古橋が(相手選手に多少の過失はあったにせよ)無理したせいで病院送りになったではありませんか。

3.今日の浦和の両SBは若手の選手を起用していましたが、そのおかげでサイド攻撃においても若干のチャンスはありました。まあ、後半からは押し込まれてSBの攻撃参加からのクロス練習のような場面も多々ありましたが。そういえば、サイドでいきる選手みやこうさんが戻ってきましたね。2得点目はアグレッシブさが生んだゴールといえるでしょう。サイドでこねず、中にはいっていく動きが奏功しました。

4.審判に関しては、不可解なPKのジャッジ以外は決して偏ったジャッジではなかったように思います。偏ったジャッジと、見ていないのに見たかのように副審に確認もせずジャッジするのは違います。
よくいわれるように、日本の審判はちょっとした激しいコンタクト・プレーでもファウルを取ります。ファウルを取るのは結構ですが、コンタクト・プレーは往々にして一瞬の出来事です。それをきちんと一瞬で正確に判断できていないのに「激しいプレーはファウルにする」という基準を掲げる審判がいるから問題なのであって、正確に分からないなら明らかに目視で判断できるプレー以外は、流し気味にしてもいいと思います。

まあ、今日の主審・松尾は完全に後者でしたが

5.ボランチをはじめ、中盤の構成力という課題はいつになったら克服されるのでしょうか?
ボールを奪ってからの攻撃への転換が遅く、多くのチャンスを潰していました。サイドが展開するのが遅く、またボランチから良質のパスが供給できれば、もっと多くのチャンスを演出できたでしょう。そういう意味では、昨季在籍していた馬場はまさにうってつけの逸材でした。それ以外のボランチとしての要素はおおよそダメポでしたが。浦和から赤星をレンタルで補強しましたが、赤星が昨季における馬場のような役割を果たしてくれることに期待しましょう。

結果は伴っていませんが、強豪相手にこれだけの試合をできるチームなのですから、もっと(生暖かくない)暖かい声援があってもしかるべきではないでしょうか?
毎度言っておりますが、選手には拍手でも(本当はよくないけど)ブーイングでもなんでもいいから反応してあげて欲しいです。
選手に背を向けてさっさと帰るというのは、選手に対する最大の惨い仕打ちではないでしょうか?
いくら早く家に帰りたいからといって、最低限の敬意を表せないのは如何なものでしょうか?
試合終了後、さっさと帰るお客に対して「それでもサポーターか」と罵倒してしまった自分がいうのもなんですが。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
コメントありがとうございました

新潟も田舎なので点滅信号は沢山ありますね^^
結構赤で一時停止しますが、
黄色車線の車がスピード出してくると
結構怖かったりします・・・

新潟もお客さんはものすごく混むので
先に背を向けて帰りますが、
ゴール裏のサポーターは
選手が挨拶をして最後にクリーンサポーター
(スタジアムのごみ拾いで、参加回数に応じて
クラブ応援グッズがもらえます)に参加して
車の渋滞が無くなったら帰るという方が
多数いらっしゃるそうです。

観客やお客さんはしょうがないでしょうが、
ゴール裏で声を出すサポーターの方は
できれば最後まで見届けて欲しいところですね。

浦和戦は試合を見ていないので
分かりませんが、スコアは2対3
と言うことで残念な試合でしたね。

降格枠1つは大分でほぼ決まりましたが
後2つは最後の最後までもつれると思いますので、
次の横浜戦も厳しい戦いになると思いますが、
勝ち点を1つずつ積み重ねて欲しいとおもいます。
(新潟はしっかり柏を叩いておきました!!)
2009/07/07(火) 19:15:49 | URL | suguru999 #-[ 編集]
すぐるさん
まあ、よくも悪くも、そういう一見さんなお客もいますから、全員が選手に拍手するのは難しいのかも知れませんね(´・ω・`)
2009/07/08(水) 13:26:45 | URL | HeartBeat #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。