Heart Beat Football
2008年始まりにあたって、このブログも名称を新たにしたいと思います。 ブログ名はどうみても一昔前の三菱自動車のキャッチコピー「Heart Beat Morters」もパクリです。 本当にありがとうございました…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雨降って地固まったのか?
前節、山形はお休み。しかしながら某試合にて山形のコールリーダーがスタンドプレーを。
笠松転落事件といい、今回といい、ネタ提供しすぎだろ<Co○ra○eのF倉さん
mestreメンバーS氏が先乗りしていたそうで、試合開始前にF倉さんが来場し謝罪したという。
まあ、しれっとして、コールリーダーやってたらそれはそれでひくけど
本日のスタメン
GK 1清水 健太
DF23石井 秀典
DF 3レオナルド
DF22園田 拓也
DF13石川 竜也
MF16北村 知隆
MF31馬場 憂太
MF14宮本 卓也
MF 7宮沢 克行
FW11豊田 陽平
FW10財前 宣之

要点のみ
1.馬場に限らず、スルーパスを出すのが得意な選手というのは、どこを見てパスを出しているのだろうか?鯔の位置から馬場が出すパスの意外性といったら…今までになかった新機軸です。しかし、疑問に思うのは、福岡はなぜ守備に不安のある馬場にプレッシャーをかけなかったのだろうか?馬場を潰せば実質的にゲームメイクできるボランチがいない今の山形の攻撃は停滞するのに。
2.だから主審に文句たれるのは止めろと、何度言ったら(´・ω・`)選手がやらないのに、サポが一番文句をつけるというのはどういうことだ?応援しているのか、野次とばしているのかわからんのがいる限り、ゴール裏の住人が増えることはないだろう。チームがJ1上がるなら、サポもそれ相応な態度が取れるようにならないと。ちょっとくらい思い通りにならないと主審や選手に八つ当たりするのがサポだったっけ?
3.後半ゴール後の40分は実質的に守備練習だと考えれば…
せっかく財前は復帰して気合が入っていたのに。むしろ空回りしたのかもしれんが…
しかし、1.でも触れたが、どうして福岡はサイド攻撃にこだわったのだろうか?中央からもっとミドルを撃っていればまた結果はまた違ったかもしれないのに。それだけ馬場の守備はやばかったのに。
4.福岡のように、DFの身長が全体的に高いチーム相手に、いくら豊田でも1トップはなかなか機能はしなかった。ハイボールで競り勝っても、セカンドボールがうまく取れない。本当は財前が拾い攻撃に繋げる、というのが本来の狙いだっただろうけど、イマイチ意図するところができてなかったように思う。
5.得点シーンの豊田の切り返しのうまさは見事だ。ドルジ長谷川といい、豊田といい、若い選手にとっては実りの多い歳だっただろう(まだ終わってないが)とりあえず、今年は五輪にも出たことだし、豊田のノルマは背番号と同じ11点な。

スコア以上に内容的には辛勝だった。だからこそ価値がある。こういう時に勝てるのがJ1へいけるチームなのかもしれない。天皇杯をはさんで苦手な岐阜との対戦が待っている。ギッフギフにされて足元をすくわれないようにしないと…
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
コメントありがとうございました

福岡戦は勝利でしたね~
これからいろいろプレッシャーもかかってくるでしょうが、
小林監督は経験豊富なので、
こういう状況の時の戦い方は期待できそうですね!

J1降格争いは大混戦・・・・
17位から9位まで勝ち点差5
新潟も十分自動降格圏内なので、
山形と入れ替わりにならないように
必死で戦わないとと言う感じです・・・・

残り6試合となりましたが、
お互い頑張っていきましょう
2008/10/05(日) 20:43:53 | URL | suguru999 #-[ 編集]
すぐるさん
最後に差しきればいいんです( `・ω・´)
まだまだ、山形はチームもサポもレベルアップしなければならないと思います。

J1は見ている分には面白いですが、確かに、残留争いは他人事じゃないですね(´・ω・`)
2008/10/06(月) 21:33:24 | URL | HeartBeat #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。