Heart Beat Football
2008年始まりにあたって、このブログも名称を新たにしたいと思います。 ブログ名はどうみても一昔前の三菱自動車のキャッチコピー「Heart Beat Morters」もパクリです。 本当にありがとうございました…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ザスパ草津戦Inんだスタ
さて、2週連続観戦の俺が来ましたよ、と。
なぜか、大阪に帰られたはずのj-kitが参戦。聞くところによると、私用で来県とのこと。飽くまでも私用がメインであって、モンテディオ観戦は「二の次」とのこと。明日も滞在する予定で、そういえば市陸でサテライトの試合もありますが、それも「オマケ」で観戦するとのこと。
本日のスタメン
GK 1清水 健太
DF22園田 拓也
DF 3レオナルド
DF 5渡辺 匠
DF13石川 竜也
MF 6佐々木 勇人
MF19秋葉 勝
MF18木藤 健太
MF10財前 宣之
FW26北村 知隆
FW 9横山 拓也

このところ怪我人が続出でかなりオーダーがいじくってある。CBに匠きた。匠は元々は3バックの真ん中。カバーリングを担当するCBとしてはいい存在だと思います。高さのある相手にはレオがつき、カバーは匠に任せれば、大分センターラインは変わると思います。
ところで、草津のスタメンに氏原の名前が。例の「うーじ、はーら、氏原ゴール」でお馴染みのウジダンスを草津サポはパクっていました。オリジナルを主張しないから、勝ち点3を頂戴。
試合内容は要点のみ
1.サイドが押し込まれていた。つまり、相手のゲームプラン通り。
2.勇人が前を向けない。本人の調子も悪いようだし、ならば園田なり秋葉なりがフォローに行けばいいのに、一人孤立させてしまってる。
3.左サイドの展開が遅すぎる。ボールを奪った後に一気に右サイドが上がり、そこに石川のロングボールを入れるのが常套手段だったはずなのに、今日は石川が持ちすぎたせいで何度となくチャンスを逸していた。
4.園田、ダービーで凹んだだろうが、凹む暇あったらロングフィードの精度を磨くべし。今日のホームランのようなクロスじゃさすがに…
5.全体的にクロスの精度低すぎ。財前でさえも大きくそれるクロスを放っていたし…こんなんじゃ、ただでさえ豊田がいなくて身長の低いFWばっかりのモンテディオにセットプレーで得点を期待する方が無理だろ、常識的考えて…
6.カニ、ヤジられてムカつくだろうが、ダービーに続いてどフリーを外しまくる方も悪い。
7.草津はロングボール狙いなのに中盤から前がきちんとプレスにいかない。湘南が好調な理由は、FWを含め前から効果的にプレスをかけるからなのに。湘南に移籍した原竜太が好調なのも、前線で献身的にチェイスしながら、同時に高い位置でボールを待ってるからなのにね。ついでにFWがきちんとチェイスすると、相手のディフェンスラインもあまり上がれなくなるから、中盤もかなり自由になるという相乗効果があります。ここにヒントはある気がしてなりません。
8.木藤ボランチ作戦は成功。セカンドボールを拾い捲って前線に送る姿はなかなか良いですね。不甲斐無い試合の中では光ってました。
9.もう一度言う。やっさん、あの鉄板采配は止めてくれ…いくら人がいないからって、バリエーションの無さもいいところですよ。

結果は林晃平がロスタイムにCkのこぼれ玉を押し込んで辛うじてドローに終わりました。いやぁ、負けに等しいドローです。ダービーがあの無様な負け方だったこともあって、今日まかり間違って負けようものなら今シーズン早々にバス囲みが始まりかねない状態でしたからね。

それはどうでもいいけど、今日試合終了後の挨拶の時、コアサポの中に選手を挑発するような香具師がいて、こういう香具師こそサポの名を汚す元凶ではないかと思った次第です。ダービーの時に開場前に横断幕を作っていたら、スプレーの後が残っていたことが2chスレで問題になったばかりなのにね。どんどん民度が落ちてる。譬えるなら、よくいう「普段は乱暴者だけど、弱いものいじめはしない」のが、「単なる粗野で公の場において自分の行動がどのように映るか客観的に考えられないだけの香具師」になってしまったようなものですから。

もうね、気持ちを切り替えて、なんて言わないから、モヤモヤした澱んだ空気のままでいいからさ、次こそは勝って下さいよ。じゃなきゃ、「再創造」のスローガンの意味が無くなるじゃない(´・ω・`)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。