Heart Beat Football
2008年始まりにあたって、このブログも名称を新たにしたいと思います。 ブログ名はどうみても一昔前の三菱自動車のキャッチコピー「Heart Beat Morters」もパクリです。 本当にありがとうございました…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日のイタイ話vol.3
死刑を執行しない方がおかしくないですかね?
日本の刑法には死刑が規定されている以上、死刑判決を受けたらば死刑は執行されるべきであるのが筋ではないですか?

何も死刑をじゃんじゃん執行しろというのではない。福島瑞穂さん達死刑廃止議連の人たちははソクラテスの有名な言葉を忘れたのですか?「いかなる悪法も法である」を。とても東大法学部を卒業した弁護士とは思えないですね福島さんは。それに、いままで歴代法務大臣が死刑執行の命令書にサインしなかったのは「死刑制度は人権侵害である」といってきた福島さんたち自称「人権派」からの非難を浴びたくないという、いわば自己保身の結果に過ぎないのに。

勿論死刑廃止論が間違っているわけではない。しかし、現に日本では死刑制度を採用しているという価値の選択をしている以上、死刑廃止の方向へ世論を持っていくのが筋なのに、こんな当て擦りのようなコメント出しているからこそ(そしてなによりも凶悪事件が多発しているからこそ)死刑存続の世論は廃止論に靡かないことを分かっていないのですかね。

ところで、死刑が人権侵害だというのは何故かというと、現行の司法では冤罪や誤審の可能性を否定しきれないからだ。つまり死刑が執行された後に誤審や、冤罪となっても死刑囚が死んだ後では取り返しのつかないことだからである(無論死後の名誉回復もあり得るが)

そこでだ、死刑を廃止して終身刑を導入してはいかがだろう?
たとえ死刑宣告されても、生きている限りは再審をうける可能性を残してるから、死刑制度よりは誤審・冤罪の可能性も少なくなる。しかも、アムネスティ・インターナショナルのような、「死刑制度は野蛮」というような人権原理主義者達に対するエクスキューズにもなる。

あー、風邪のせいでやたら小難しいこといってるよ。俺。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。