Heart Beat Football
2008年始まりにあたって、このブログも名称を新たにしたいと思います。 ブログ名はどうみても一昔前の三菱自動車のキャッチコピー「Heart Beat Morters」もパクリです。 本当にありがとうございました…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これから
20060429134809
実家に帰ります。特に深い意味は無いけど(^^ゞ
GWは暇に思われたみたいで、地元では祭があるから店番らしいです(-.-;)
確かに、まだ仕事は決まってないけどね(T_T)
スポンサーサイト
唯♪の毒霧作戦
はい、この記事は唯♪が猛毒を吐き散らしたんで危険ですよ。
ベガルタ関係者様ならびに人間の吐く毒に耐性の無い人は閲覧をご遠慮願います。すいません<(_ _*)X(*_ _)>
[唯♪の毒霧作戦]の続きを読む
対ベガルタ仙台戦評
ヾ( ̄_ ̄ )/\( ̄ー ̄)/\(  ̄- ̄)ノ゛ドモドモ
ずーっとブログ書いてませんでしたorz
さて、本日(22日)は楽しい楽しいみちのくダービーです。
いつもより早く出発しました。今回ももんてぐらのってぐらの樽さんとの観戦です。毎回ありがとうございます(人-)謝謝
 山形に向かう途中の作並街道でもベガルタサポらしき車を何台もみかけました。さすが、仙台。チーム事情もアレなんで、モンテディオサポがどのくらい集まるかが心配でした。もしや、ホーム・ジャックなんてことになったら((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
予想は的中しましたorz
アウェイ側がまっ黄色に染まってました。・゚・(ノД`)・゚・。 今年はベガルタの元10番財前がモンテディオに加わったことにより、俄然面白くなってくると思います。古巣相手に意地を見せてくれ。財前。
でも、試合前のスタメン発表の時財前がベガルタからのコールに礼をしていたのがひどく印象的だった。
本日のスタメン
GK 21 清水 健太
DF 16 臼井 幸平
DF 3 レオナルド
DF 4 小原 章吾
DF 17 木村 誠
MF 6 佐々木 勇人
MF 8 永井 篤志
MF 18 高林 佑樹
MF 10 本橋 卓巳
MF 28 財前 宣之
FW 9 レアンドロ
 序盤はモンテディオが攻める展開。効果的にサイドを崩していくが、ベガルタがきちんと引いて守ってるため再三のチャンスも決められず。1本だけ惜しいシュートがあったが、ゴールポスト直撃orzと思っていたら、逆にカウンターからベガルタのMF熊林のクロスかループ・シュートかよくわからないボールがそのままゴールに。ベガルタ先制orzこの後は山形も攻めるがいい形で攻めることが出来ず(というか明らかに攻めあぐねて)前半終了。
 ハーフ・タイムでうまく修正してくれると期待していましたが、後半10分またしてもカウンターからDFが簡単に抜き去られ、まるでそのカウンターからの攻撃の見本のようなシュートをベガルタFWロペスに流し込まれ2点目orzこれでへたってはいけないと思いつつも、その一方でうまい具合にベガルタのゲーム・プランに乗っかった試合運びに引きずられているのが明らか。流れを変えるため、FW林、FW原を投入するも、相手は2点差を守ればいいだけのベガルタ。前半から続く攻めあぐねるという悪癖を繰り返した結果、散発的にクロスを上げるも得点ならず。おまけにダメ押し点を2失点目と同じようなカウンターからベガルタの萬代に決められ3点目。最後の最後まできちんとDFが統率され、守りを固めたベガルタのゴールをこじ開けられないまま終了
|出口|   λ....  センダイゴトキニマケルモンカトソンナフウニカンガエテイタトキモオレニモアリマシタ
モンテディオの完敗orz
悔しいけど、ベガルタ強杉。守備が安定しているから攻撃にもリズムが出るのか、きちんと得点できる攻撃陣がいるから守備に専念すればいいのか(たぶん後者)
確かにこれだけガチガチに固め(4バックに3ボランチって、うはwwちょww)カウンター狙ってくるサッカー相手にモンテディオは無防備に攻めすぎた感はある。
勿論少ないチャンスや、先制できたら(故に序盤で得点できなかったことが悔やまれる)まだ勝敗は分らなかったかも知れない。しかし、序盤で得点をモノに出来なかったのは事実であり、それがモンテディオのリズムを狂わせたとも解釈できる。それが理由は何れにせよ今年のベガルタに及ばない点であり、近年のモンテディオの最大の欠点である。勝ち切れないのはもうそろそろ何とかならないものか?
後半からも相変わらず中盤からのパスで攻撃を組み立てるも、チグハグな攻撃ばかりでゴールを割れなかった。
完全に迷いが現れていた。徹底されていない生半可な攻撃ではやはりベガルタのディフェンスを崩せなかったこと、それに対して修正は入ったのだろうか。疑問が残る。
試合前までは2連勝と復調の兆しがあったモンテディオにとっては痛い敗戦だった。日銀の景気判断っぽく言えば、景気回復の兆しが半ば腰折れ状態になった(なりかねない)といったところでしょうか。是非、腰折れ状態から抜け出して欲しいものです。
 試合内容は1点目がなければまた違った展開であったかもしれないが、攻撃に関しては、チグハグだったことは否めない。とりあえずFW林が復帰したことは光明である。少ない時間ながらも、復帰をアピールしてくれたことは嬉しい。
 取り敢えず、6月24日はユアテック・スタジアムでリベンジするぞヽ(`Д´)ノ え?6月はW杯の期間中?んなこと知ったことか。例え日本が罷り間違って優勝したとしても、モンテディオがベガルタに負けたら気分悪い。
 帰宅した後はもうぐったりでした(;´ρ`)チカレタヨ・・・
日曜日はあまりの疲労で1日中家でゴロゴロしてました。それにしても鬱だorz
対徳島ヴォルティス戦評(もどき)Part2
 開始早々から中盤にボールが落ち着かない。押し気味になったかと思うと、逆に押されるというわけ分からん立ち上がり。そんなうちに、一瞬の隙からスルー・パスで羽地登志晃に抜け出され失点。・゚・(ノД`) あまりにもあっさり失点したため、その瞬間は( ゚Д゚)ポカーンでした。
 今日も右偏重のようで、相手もそれを分かっているのか徳島は寄せを速くして、容易にはチャンスができない→うまく本橋や佐々木がサイドから崩して、シュートもしくはクロスまで持っていくが、相手キーパーが神がかっているため、ことごとく弾かれるorz というような感じで前半は何をどうしたらいいのか分からないまま終わった感じです。
 監督はハーフ・タイムで相手のプレスにはポジションチェンジ、サイドバックを起点にする、ディフェンスの裏を狙う等の指示を出していました(試合後のオフィシャルHPから抜粋)
 後半開始早々、相手カウンターからピンチを迎えるものの、うまく処理。早々にピンチかよorz (´Д⊂ モウダメポと思い始めた、そんななかゴール前の混戦から佐々木がこぼれ球を持ち込みシュートを決め1-1の同点にキタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* !!!!!
 一気にゴール裏のテンションは上がりましたよワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ
 抜け出したレアンドロを徳島DFの尾上が倒しレッド・カード退場に。ペナルティエリア手前でFKを得る。FKは壁にあたり、こぼれ球を右サイドから上がったクロスにレオナルドが飛び込むものの、ノー・ゴール。
 後半26分。右CKを小原ヘッドでがあわせ2-1と逆転しました。ついに、ついに夢にまで見た逆転劇がキタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!
 いい時間に得点できた。後半37分選手交代。本橋に代わり高橋選手がピッチへ。徳島もゴールを狙いにくるものの、モンテディオがうまく凌ぎ切りタイム・アップ。今期初勝利。しかも、ホームでの勝利キタ━━━( ´∀`)・ω・) ゚Д゚)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)━━━!!!!
 この展開には涙が出そうになったよ。゚(゚´Д`゚)゚。
 とりあえず、これを歌って締めにしましょうww
 月山の雪 紅染めて ♪
 ほがらに明け行く 新生日本 ♪
 おこすは力 若き力 今先駆けて 我ら起つ ♪
 モンテディオ山形 フレ フレ ヒップヒップ フレ ♪
 モンテディオ山形 フレ フレ ヒップヒップ フレ ♪
[対徳島ヴォルティス戦評(もどき)Part2]の続きを読む
対徳島ヴォルティス戦評(もどき)Part1
月山の雪 紅染めて ♪
ほがらに明け行く 新生日本 ♪
おこすは力 若き力 今先駆けて 我ら起つ ♪
モンテディオ山形 フレ フレ ヒップヒップ フレ ♪
モンテディオ山形 フレ フレ ヒップヒップ フレ ♪

わかる人は歌ってくださいww山形県スポーツ県民歌です。
本日ももんてぐらのってぐら
の樽さんと観戦してきました毎度毎度感謝(-∧-)
ここまで勝ち星に見放されると、醒めたのか入場者は3400人程。ホーム開幕戦の約半分だよorz
本日のスタメン
GK 21 清水 健太
DF 16 臼井 幸平
DF 3 レオナルド
DF 4 小原 章吾
DF 17 木村 誠
MF 6 佐々木 勇人
MF 8 永井 篤志
MF 18 高林 佑樹
MF 10 本橋 卓巳
MF 28 財前 宣之
FW 9 レアンドロ

GK 1 桜井 繁
DF 13 内山 俊彦
MF 7 高橋 健二
FW 11 原 竜太
FW 15 氏原 良二
ササッ((((〃⌒ー⌒)/どもっ♪
ネットカフェからこんにちはイョ━━━━━━(=゚ω゚=)━━━━━━!!
1週間位ブログサボってましたorz
新居の方にネットの移転工事が進んでなかったのでネットが出来ませんでしたorz というか、電話で申し込みしたのに、受け付けられてなかったってどういうこと?ヽ(`Д´)ノウワァァァン
流石、電電公社だww 民営化されても客商売を理解してないのねw すべてが役所仕事でタライ回された結果、17日に開通らしいです。といっても、今までのISDN回線が復旧されるだけで、ADSLはもう少し後になりそうorz なるたけ、早くしてください孫正義さんww
でも、新居はADSL引けるみたいなんで、ネットが楽になりますねワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ
ところで、新しいバイトを探してるところなんですけど、やっぱ飲食店に落ち着きそうです。回転寿司じゃないけどww
とまあ、こんなところで、また次回ww
いつ?多分、15日のモンテディオのホーム・ゲームの徳島戦だと思いますww
では、(* ^ー゚)ノバイバイ
対ヴィッセル神戸戦評(もどき)part2
フォーメーションを変えたのに、相変わらずロングパスをほうり込むだけの戦術を繰り返す、絶好のパスをドリブルでこねたりと、好機を逃してしまいます。
結局0ー0のスコアレス・ドローorz モンテディオは7戦2分5敗逃して最下位。試合後のブーイングは酷かった。そりゃ、ブーイングされて当たり前だ罠。神戸としては、引き分けに持ち込めたのはある意味計画通りだったのではないでしょうか。
一方、モンテディオとしては敗戦よりもつらい結果ではないでしょうか。というか、心なしかモンテディオは何がやりたいのか分からなくなっている気がします。
[対ヴィッセル神戸戦評(もどき)part2]の続きを読む

テーマ:日記 - ジャンル:日記

対ヴィッセル神戸戦評(もどき)part1
雨の中での試合でした。今日のモンテディオはシステムを変更してきました。レアンドロを1トップに、財前をトップ下に据えた4ー5ー1で臨みました。
前半モンテディオのパスはよく通って、神戸はついていけずにチンチンにされていました。事実、前半で神戸DF坪内が財前に対する執拗な後ろからのチャージでイエローカード2枚で退場。
[対ヴィッセル神戸戦評(もどき)part1]の続きを読む
対ヴィッセル神戸戦@ベスパ
20060405183313
雨降ってるし(>_<)
人の集まりもイマイチorz平日、雨、最下位ならショウガナイかOTZ
とりあえず、今日は勝ってくれ(-人-)
おはようございます(^O^)
20060402060903
小樽来ました~ 今現在の小樽の海です。今朝は曇ってるし、なによりセンス無い写真ですいませんm(__)m
部屋を
20060401203012
引き払いますた。明日は、フェリーで小樽港から10時出港です。早く寝ないと(´Д`) 9時前に寝るって、子供じゃん(-.-;) また明日~(^O^)/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。