Heart Beat Football
2008年始まりにあたって、このブログも名称を新たにしたいと思います。 ブログ名はどうみても一昔前の三菱自動車のキャッチコピー「Heart Beat Morters」もパクリです。 本当にありがとうございました…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Escape from Sendai
私事ですが、諸事情により実家の山形に帰ってきました。
「お父様お母様、恥ずかしながら帰ってまいりました」
で、実家と仙台の自宅を往復していたところ、天童になにやらきになる蕎麦屋さんがあるということを聞きつけ、3月の某日にハローワークの帰りに折りを見て行ってきました。
20090319115520.jpg

20090319115541.jpg

そう。天童の「あきばや」です。店内は(写真はないけど)モンテグッズが所狭しと並べられ(「あきば」やなのにタックーゾ関連グッズが多いのはこれいかに?)ていました。はいったのは11時30分と、少し昼食には早い時間。それでも、その日は入店すると4組ほどお客がいました。

特に下調べもしていませんでしたので、店員のオススメに従って鳥冷やしそばを注文。
20090319114317.jpg

ひやし○○というとスープがくどいという先入観がありましたが、意外にもあっさりしていて( ゚Д゚)ウマー
蕎麦も麺がぶっとく、そば粉の匂いがすごかったです。よその土地で食べると、ここまで蕎麦の香りがする蕎麦というのは、なかなかありません。
だれだ?田舎そばといった香具師は?
スポンサーサイト
町興し?いいえケフィアでs(ry
ある意味、町興しのために文字通り一肌脱ぎました。
しかも、八戸で撮影して、見ると観光案内にもなるというオマケつき。
沖縄とか、グアムで撮ったら駄作決定でしたでしょうけど。
こういうPRの仕方って、 ありそうでなかったよね。
思わずひとつ所望してしまいました。
アマゾンで検索して、約10秒後にはカートに入ってました。
TV見ていないから、彼女がどう扱われているのか分からないけど、この程度で衆愚政治だの、ポピュリズムだのいうのは見当違いでしょう。むしろ、ポピュリズムに陥っているのは、「何でも反対」の共産党と同じ穴のムジナになった民主党のことを指すべきでしょう。

誰でしたっけ?

地方を元気にしないと日本の未来は無いと嘯いた人は?
やっていることは一見違っても、藤川議員とモンテディオのやっている(やろうとしていること)のベクトルは本質的には同じなのではないでしょうかね?こういう大局を見れないのが地方の年寄りたちだ。
悔しかったら、これ以上のPR策を考えろ!!話しはそれからだ
ハコモノ(ハード)でしか物事を考えられず、そのハードに入れるコンテンツ(ソフト)を潰しまくっている
夕張市を笑える自治体がどれほどあるというんですか?
その代表格は大阪ですよ。
大阪のダメポぶりをドゾー

そういえば、この方も最近は熱心にんだスタに観戦に来ているようで。

ああ、1月の知事選へ向けての選挙活動ですね。わかります。
こういう擦り寄り方は基本的に嫌いな性質ですが、話がモンテとなると、確かに悩ましくもある。
実際、モンテに3億円の融資を検討しているとの報道もあり、思わず「こやつ只者ではない」と驚嘆したので、
仙台在住ながら住民票が山形県な俺としては、悩ましい。

藤川ゆり写真集 moe navi 八戸藤川ゆり写真集 moe navi 八戸
(2008/11/18)
能美 潤一郎

商品詳細を見る


藤川ゆりDVD love navi 八戸藤川ゆりDVD love navi 八戸
(2008/11/19)
藤川ゆり

商品詳細を見る


安倍晋三逝きまーす
ワロタ…
山形ハジマタ\(^o^)/
warata.jpg

まぁ、どうでもいいですがね…
ネタとしては最高…
もしよかったら、こちら
機動戦士ガンダムさん さいしょの巻 機動戦士ガンダムさん さいしょの巻
大和田 秀樹、矢立 肇 他 (2005/08/26)
角川書店

この商品の詳細を見る

とか
機動戦士ガンダムさん (つぎの巻) 機動戦士ガンダムさん (つぎの巻)
大和田 秀樹、矢立 肇 他 (2006/12/22)
角川書店

この商品の詳細を見る

( ´∀`)つ ドゾー

ついでにおまけも



民族主義とスポーツ
そういえば、5月26日のブログ記事
<正直、どこでもご飯を食べたいと思うのは単なる好き嫌いの問題ではなく、もっと民族主義的な問題もあるのではないかとも思いますが、後に書こうと思います。
と書いていました。すっかり忘れていました。
白鵬もとうの昔に横綱になったので、この問題についてさっさと書きます。

相撲は日本の国技です。
近年その相撲の国際化が叫ばれている中、またしてもモンゴル人横綱が誕生しました。これで東西横綱が揃った、なんて慶んでいられるでしょうか?なかには「またモンゴル人か」、「日本人の横綱はまだか?」という声も聞かれることでしょう。あるいは、「日本人力士はだらしない」なんて的外れな批判をしたり、たかが相撲如き、と静観を決め込むのもいいですが、ここでは、相撲を例にとりなぜ、このような事態が出来したかについて述べたいと思います。

まず、なぜ「またモンゴル人か」なのでしょうか?明らかに民族差別を助長する意見です。相撲の世界は実力主義の世界です。日本人だろうがモンゴル人だろうが、実力のある力士ならその実力に応じて位が上がって当然です。それをさせないことは(例えば、小錦の時のように!!)明らかなる民族差別です。逆に「日本人横綱はまだか?」という言葉の裏にも、日本人は必然的に横綱を輩出しなければならないというニュアンスが窺えます。このような明らかなる日本人と外国人に対する態度の温度差というのはどこから生じるものでしょうか?
[民族主義とスポーツ]の続きを読む
大阪民国ダメポツアー(抜粋)
せっかく大阪民国まで来たことですし、観光して帰らなければ損でしょう。ということで、
昨日一緒に観戦したj-kit様と同じく一緒に観戦した同郷の友人氏に教えてもらった大阪民国の名所を巡ろうという企画を急遽立ててみました。もっと詳しく大阪のディープでホットなダメポなスポットを知りたいという人はこちらまで。
とことん計画性がないって?そうですとも。人生行き当たりばったり。
鳥坂センパイも言ってるではないですか。
[大阪民国ダメポツアー(抜粋)]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。